© 2017 岩橋崇至写真自然塾

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Instagram Icon

・「上高地 春から夏へ 」写真展は自然公園財団上高地支部が企画して写真自然塾が協力する形で、令和元年5月18日(土)~6月30日(日)の44日間で開催されました。昨年秋の「上高地 秋から冬へ」写真展に続いての開催となりました。

・期間中におよそ10,000人の来場者をお迎えしました。階段付近とエレベーター昇降口に設置した2台の自動カウンターで計測しました。雨天・荒天時には多くの来場者をお迎えしました。低気圧の通過(0616)した日は特別に多くの来場者数をカウントしました。「秋から冬へ」写真展(3,880名)の時と比べて、外国からのお客さまの来場は少な目で、東南アジアの方が英語圏の方よりも多かったように思いました。

・展示した作品数は、上高地の「春から夏へ」をテーマにした作品を24点、上高地周辺の山々の「春から夏...

 

 会場内に展示した組写真は 「鳥」「虫」「動物」の3点を展示しました。縦1260㎜ × 横1200mm の大きさでした。全体のイメージは示しているとおりです。これを左上を1として右に進み、一段下がったところを5として同様に番号を振ったものを以下のとおりに並び替えてみました。花の名前については出来るだけわかりやすくするために漢字表記も使用しました。撮影者名を入れてありますが、詳細な撮影データやコメントはありません。

 1 クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草) 下島敏男

 2 ホソカミキリ 横坂敏行

 3 スゲハムシ   横坂敏行

 4 トゲカメムシ  横坂敏行

 5 コヒョウモン  横坂敏行

 6 エゾムラサキ(蝦夷紫)  横坂敏行

 7 ベニヒカゲ   横坂敏行

 8 キタキチョウ 横坂敏行

 9 シャクナゲ(石楠花)  岩橋...

  会場内に展示した組写真は 「鳥」「虫」「動物」の3点を展示しました。縦1260㎜ × 横1200mm の大きさでした。全体のイメージは示しているとおりです。これを左上を1として右に進み、一段下がったところを5として同様に番号を振ったものを以下のとおりに並び替えてみました。花の名前については出来るだけわかりやすくするために漢字表記も使用しました。撮影者名を入れてありますが、詳細な撮影データやコメントはありません。

 1 タカネハヤズハハコ  (高嶺矢筈母子) 加藤博子

 2 ヒメクワガタ(姫鍬形)イワツメクサ(岩爪草)   高橋さかえ

 3  クガイソウ (九害草)   町田和子

 4 コマクサ・白花(駒草)  二宮敏子

 5 ライチョウ(雷鳥)  町田和子

 6 コマクサ(駒草)  町田和子

 7 ライチョウ(雷鳥)  ...

 会場内に展示した組写真は 「鳥」「虫」「動物」の3点を展示しました。縦1260㎜ × 横1200mm の大きさでした。全体のイメージは示しているとおりです。これを左上を1として右に進み、一段下がったところを5として同様に番号を振ったものを以下のとおりに並び替えてみました。花の名前については出来るだけわかりやすくするために漢字表記も使用しました。撮影者名を入れてありますが、撮影データやコメントはありません。

 1 ヨツバシオガマ(四葉塩釜)  加藤博子

 2 ニホンザル  下島敏男

 3 ウサギギク(兎菊)  横坂敏行

 4 トリアシショウマ(鳥足升麻) 横坂敏行

 5 ミヤマシシウド(深山猪独活)  横坂敏行

 6 シナノオトギリ(信濃弟切)  横坂敏行

 7 オコジョ  町田和子

 8 ハクサンオミナエシ(白山女郎花)...

槍ヶ岳倒影  月野木 浩司

氷河公園 8月上旬 Minoltaα9 SIGMA24-80mm F2.8

はじめての槍ヶ岳山行。

いろんな姿をみたくてちょっと寄り道。

北穂見物  加藤博子

南岳山荘付近 8月上旬 Canon 6D 24-105mm F4

雲湧く北穂を見ていると一段と高いところに若い人達をみつけた。

夜明け前  二宮敏子

大天井岳 8月上旬 Nikon 610 AF-S nikkor28-300mm F3.5-5.6G

テント泊の人たちは出発の準備中

常念の朝  町田和子

常念小屋前 8月上旬 Nikon D750  28-300mm

日の出の撮影を終え小屋に戻る時、若い学生さんの爽やかな姿に見とれた。

彩雲  山口 浩

燕岳・燕山荘前 8月上旬 Canon 5D 28-300mm F4

午後のひと時、湿った雲が上空を覆ってく...

 「 上高地 春から夏へ  」写真展は2019年5月18日(土)から6月30日(日)までの44日間で開催されました。期間中10,000人を超える来場者をお迎えすることが出来ました。それぞれのページで会場内でご覧いただいた順 に近い状態 でご案内しておりますので、ごゆっくりお楽しみください。

 「上高地 春から夏へ 」写真展の写真を掲載にあたって、前回同様に 上高地 編と 周辺の山々 編に分けた他に、組写真のテーマ毎にページを用意しましたので、こちらも併せてお楽しみください。

上高地春景色 島田英博

河童橋 5月下旬 Fujifilm X-T2 XF16-55mm F2.8

20年あまり上高地に通い続けていますが、

撮れそうで撮れない定番河童橋からの春の情景。

2017年写真教室にてやっと撮影しました

新緑の焼岳 ...

上高地 秋から冬へ  」写真展でご覧いただいた順番にご案内いたします。

このページでは主に、秋から冬へ向かう上高地の様子をまとめています。また、上高地を取り巻く山々(涸沢、槍ヶ岳、西穂高など)の写真は 後編 にまとめましたので、あわせてご覧ください。

朝の呼び声 西 田 允 保  徳沢 10月下旬 Canon5D 28-135mm

        朝日に起された前穂稜線が一日の始まりを告げる。

モミジ 高橋 さかえ 梓川河畔 10月上旬 CanonM6 M55-200mmF4.5

     明神の手前、赤く色づいたモミジの中に様々な葉っぱがあり、着物の柄を

     想い描き、山肌をバックに浮かび上がるように写しました。

初冠雪 加 藤 博 子 上高地 10月下旬 Canon6D 24-105mmF4

      昨夜は冷...

「 上高地 春から夏へ 」写真展のポスターが完成しましたので紹介します。

自然塾のスタッフは土曜の昼過ぎから夕方4時頃まで、日曜の午前10時過ぎから午後3時まで在廊しております。上高地の散策には一番気持ちの良い季節ですので、お誘いあわせのうえ、お出かけくださいますよう、ご案内いたします。

「 上高地 春から夏へ 」写真展を開催します。

写真展オープンまで一か月となりました。

初夏のような陽射しが降り注ぐようになりましたが、上高地はまだ大量の雪や氷と格闘しているようです。河童橋周辺が見えるライブカメラにも道路脇に雪が写っていますし岳沢から稜線方面は雪に覆われています。

「 上高地 春から夏へ 」写真展は5月18日(土)から6月30日(日)までの44日間の長期間の開催です。お誘いあわせの上、是非ご覧くださいますようお願いいたします。

上高地 秋から冬へ  」写真展でご覧いただいた順番にご案内いたします。

このページでは主に、上高地を取り巻く山々(涸沢、槍ヶ岳、西穂高など)の秋から冬への写真をまとめています。上高地の周辺の秋から冬への写真は 前編 にまとめましたので、あわせてご覧ください。

紅雲棚引く 小木曽 敏彦 常念山頂 11月 NikonD810 28-200mm

黙々と・・・ 足許の光の輪を登り 暗く寒い中 東に向いてじっと待つ

 その瞬間・・・ これだから また山に登る

暁光 唐 妻 功 南岳付近 8月初旬 FUJIFILM X-T2 10-24mm

常念の山並みに日の出をまっていると、

淡いすじ雲が天空に彩を添えて輝いた。

ナナカマド 島田 英博 涸沢 10月上旬 FUJIFILM X-T2 80mmF2.8

朝から本降りの雨と深い霧になり、悪...

Please reload