岩橋崇至写真展「立山」のオープニングセレモニーが10月17日(土)13時半から、立山カルデラ砂防博物館エントランスホールで行われました。館長の挨拶に始まり、岩橋先生のプロフィールが紹介された後、ギャラリートークが始まりました。最初にホールに展示されている縦長(1m×5m)のバナー写真(空撮)6点を、次に展示室に移って23点の作品を、ひとつひとつじっくりと解説していただいたので、1時間はあっという間に過ぎた印象でした。説明の後に質疑応答の時間が設けられましたが、丁寧な対応ぶりが先生の人柄を感じさせるのに十分でした。来場者は20人でした。

壁面を埋め尽くした花の写真12点は、背後から光を当てる展示方法で、パソコンのディスプレイを見ているような感覚でした。大型のフィルムカメラ6×17や4×5で撮った写真と最新のデジタル...

写真自然塾の講師を依頼している 岩橋崇至 先生のブログが、2020年9月27日から掲載されていますので、ご案内します。新しく作成し直したもので、執筆は主に事務所スタッフによるブログですが、掲載されている写真やイベント等から先生の写真に対する熱意や意気込みが感じ取れますのでご案内します。更新は不定期ですが、お気に入りに登録するなど継続してご覧いただきたいと思います。

ページ内のリンク先に、我らの 岩橋崇至写真自然塾 が記載されています。併せてご紹介させていただきます。

「岩橋崇至 IWAHASHI,Takashi」が正式名称。http://blog.livedoor.jp/iwahashi_takashi/archives/7056475.html

このブログ内では現在、立山カルデラ砂防博物館で開催される岩橋崇至写真展...

岩橋崇至写真自然塾主催 「立山」~チングルマ、ナナカマドを撮る~ 

2020年9月30日(水)-10月2日(金) 

宿泊先 立山室堂山荘 

参加者 5名 大越(9/30-10/1)下島(10/1-2) 宮嶋 山口 横坂  

講 師 岩橋崇至 岩橋宏倫

新型コロナウィルス感染者の数は減ったかと思うとまた増えて、いつになったら終息するのかさっぱり分からなくなっています。県を跨いでの移動が可能になった6月に「上高地」で自然塾の活動を再開して、8月中旬に「立山」で星を撮る予定でしたが、山小屋の都合で開催できなくなり、その代案の「群馬の水辺を撮る」頃には二次感染の波が迫っている状況でしたので、参加が難しいと判断された方が多くて見送りになってしまいまして、ウイルスに翻弄されるような展開が続いていたのでした。

「上高地」の教室から3か月...

岩橋崇至写真自然塾主催 「上高地」~ツツジを撮る~ 

2020年6月25日(木)-27日(土) 

宿泊先 上高地公園活動ステーション 

参加者 9名

    ☆写真自然塾  大越 下島 宮嶋 山口(25-26) 松井(26-27) 横坂 6名 

    ☆宏倫先生教室 栗本 小島 高地                  3名  

講 師 岩橋崇至 岩橋宏倫

新型コロナウィルス感染拡大を懸念して、3月頃からの自然塾の活動を控えておりましたが、6月19日(金)に県境を跨いでの移動が可能となりましたので、通い慣れた「上高地」から活動を再開することになりました。まだ二次感染の虞れが十分に考えられますから「新しい生活様式」を十分に理解した上で、下半期の活動を進めてまいりたいと思います。

ちょうど上高地ではこの時期にレンゲツツジの花が咲く...

山岳写真家 岩橋崇至先生が執筆された 風景写真塾 ①~④ が2月の毎週金曜日(7.14.21.28)に連載されていましたので報告いたします。平易な文章で分かり易く、自然塾の会員の写真が例示されたことでより具体的になったことから、大変評判が良かったようです。

自然塾の会員からすると、日頃からご指導いただいていることばかりですが、こうして改めて読み返して、初心に帰ってみることが大切なように思いました。(横坂)

岩橋崇至写真自然塾主催 「西穂高」 

2020年2月12日(水)-15日(土) 

宿泊先 12日 ジャンダルム 13-14日 西穂山荘 

参加者 町田 横坂 2名 

講 師 岩橋崇至 

思っていたよりも生徒が集まらなかったので開催が危ぶまれましたが、先生の「行こう!」の掛け声に後押しされる形で開催することが出来ました。天候が暖冬傾向で降雨が予想されたので丸山からの展望や雪の綿帽子などは期待できないと諦めムードでしたし、宏倫先生の同行がないのでコーヒーを淹れる道具や水を担ぎ上げるか悩みましたが、丸山の稜線からは富士山や白山まで展望できましたし、降雨降雪もなく朝晩の冷込みも風もなく穏やかでしたし、山荘の支配人からコーヒーを飲める引換券も2日分いただけたりと、幸運が続きました。

今回も町田さんのご主人のお迎えがあり、缶コーヒーと...

岩橋崇至写真自然塾主催 「冬の上高地」 

2020年1月24日(金)-26日(日) 

宿泊先 中の湯温泉 

参加者 渋谷 島田 高橋 二宮 町田 松井 森田 山口 横坂 9名 

講 師 岩橋崇至 岩橋宏倫 

暖冬傾向で雪が少ない上に、写真教室の三日間の天気も期待できないことから、気分も曇りがち。中の湯温泉の玄関手前の坂が急に感じられた一日目でした。 

25日(土)起床時、期待に違わず曇りがち。ところが日頃の行いが良いと言うことでしょう。

大正池にいる間に雲が切れだして、穂高の主稜線が姿を現しました。その後、田代池、河童橋、小梨平と撮影している間はずっと晴れていて稜線が見えていましたし、ケショウヤナギの赤は今年も健在でした。帰りの釜トンネルでは皆さんが猛烈な急ぎ足で下って行きますから、さすが健脚の自然塾と思ったのですが、後で聞...

岩橋崇至写真自然塾の2020年の総会が 1月17日(金) 午後2時からエディカス東京6階会議室Aで開催されました。出席者8名、委任状提出12名、欠席1名で総会の成立を代表が宣言した後、岩橋崇至先生からご挨拶をいただき、代表が2019度の事業報告と会計報告、2020年度の活動計画(案)の説明を行い、一括して質疑応答の時間を経て、承認されました。2020年活動計画の詳細は、セブン企画からmailで配信されることになりました。

その後は、事務局からの報告と検討議題をいくつかお諮りして、出席された方から活発なご意見をいただきました。「講評会の参加費の増額について 」では、従来からの枚数制限を15枚以下、参加費を4,000円に増額することになりました。「創立25周年記念写真集&写真展」については今回は話題提供とさせていただ...

エディカス東京6階 会議室Aを使用して講評会が行われました。「涸沢」「燕岳」の教室が対象ですが、お手持ちの作品を持参した方もいらして、会員8名の参加でしたが終了時間まで自分の撮った写真がどうすれば更に良くなるのかをじっくりと熱く学ぶことが出来ました。岩橋先生の「クリエイティブに撮る」という言葉が鮮烈だったと思いました。

 講評会終了後はいつもの居酒屋で乾いた喉を潤しました。

みなさん良いお年を御迎えくださ~い。

岩橋崇至写真自然塾主催 「燕岳新雪」

2019年11月21日(木)-24日(日)

宿泊先 21日 安曇野市有明荘 22-23日 燕山荘

参加者 石神 渋谷 島田 高橋 町田 松井 井上(ゲスト) 7名

講 師 岩橋崇至 岩橋宏倫  

去年と同様、暖かい冬の訪れで最後の燕山荘の急登のみ冬道。霧氷はまったく付かなかったが、天気に恵まれ素晴らしい雲海に出会えた撮影会となった。

11月21日(木) 有明荘(泊)

11月22日(金) 晴れ、午後より曇り

 4:30起床 暗くて良く分からないが晴れている模様。天気予報は午後3時より雨。

 5時頃に各自弁当をホールにて食べて出発の準備に取り掛かる。準備中に石神君が合流。

 本日上りのメンバーは、宏倫先生、石神、渋谷、島田、町田、井上。

 先生、高橋さんには16日に上がっている。松井君は途...

Please reload

© 2017 岩橋崇至写真自然塾

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Instagram Icon